精度の高いPR戦略

コミュニケーションにおいては、すべての戦術が相互に調和していなくてはなりません。私たちが貴社のPR会社として、すべての歯車が完璧にかみ合うよう調整します。

 

PR戦略

メッセージを発信できる者だけが、振り向いてもらえるのです。

すべての企業、すべてのブランド、そしてすべての製品の後ろには、語られるのを待っている素晴らしいストーリーが隠されています。私たちはあなたのストーリーを、訴求力のある、ターゲット層の心をとらえる話法で語ります。PRのプロとして、私たちが貴社、貴社製品、そして世論に影響を与えるマスコミ識者の間でパイプ役を務めます。

コンサルティングと戦略策定

どうすれば顧客に届くのか?

貴社には目標があります。私たちはそこに至る確実な道をつくります。双方の緊密な共同作業を通じ、私たちは貴社が他社との差別化を確実にする最適のコンセプトを策定します。企業・製品・ブランドを横断する総合的コミュニケーションから危機管理コミュニケーションまで、様々な角度から戦略的コンサルティングを提供します。

 

メディア対応

「百聞は一見に如かず」…

…とは言いますが、それが該当しない場合もあります。適切なストーリーが必要であることが多く、それを語るのが私たちです。複雑なテーマを語るときも、鮮やかな印象が残るように、確実な文体で、ターゲットに訴求するストーリーに仕上げます。私たちは、あらゆる切り口からメディアに働きかけます。それがコミュニケーション戦略を成功させるのに不可欠の要素であることを確信しています。

 

イベントマネジメントと見本市

「向こうが来ないなら、こちらから行こう」(古代中近東の故事)…

…こちらから到達する道を、私たちが拓きます。イベントでの講演者の選出、見本市ブースのデザイン設計、ご要望に応じた現地での各種サポートまで、当社が全面的に支援いたします。見本市、ビジネス会議、顧客向けイベントなど、どんな催しでも企画立案から会期最終日のフィナーレまで私たちがサポートし、貴社と貴社製品を最適の形で演出します。ご要望に応じ、ブースの解体作業も受託いたします。

 

社内コミュニケーション

内部に向けて効果を発揮します

従業員に対して企業の意思決定を透明性をもって伝え、これを納得してもらえるように、 私たちが的確なコミュニケーション戦略を策定します。社内報、ニュースレター、イベントなど、どんな媒体でも当社のアプローチがチームスピリットを高め、貴社を長期的、継続的に成功へと導きます。

 

 

オンラインメディア、ソーシャルメディアのコミュニケーション

LOL、IMHO…オンラインコミュニケーションは苦手ですか?

インターネット言語は独特です。オンラインのコミュニケーションはスピード感があり、直接的で、インターアクティブです。またチャンスとリスクが相半ばし、時代に則したコミュニケーション戦略を成功させるのに不可欠の要素です。貴社のウェブサイト、Web2.0、E-ニュースレターといった媒体が退屈なものにならないように、私たちが最適のコンセプトとガイドラインを策定し、貴社の“FAQ“にすべてお答えします。

トレンドセッター

一企業が業界トップに上りつめるためには、市場での適正なポジショニングが必要です。貴社のPRパートナーとして、私たちが最善のルート探しをサポートします。

マーケティング・コミュニケーション

「流行にマッチしていれば何でも売り物になる。本当に難しいのは、何かを流行らせることだ」。
(アーネスト・ディヒター、市場心理学の先駆者)

 

私たちはそこで本領を発揮します。貴社と貴社ブランドのDNAを読み解いて、唯一無二の個性を引き出します。当社は的を絞ったマーケティング・コンサルティング、広告デザインのほか、ターゲット層に照準を合わせたコーポレート・アイデンティティ戦略も策定します。

マーケティング・コミュニケーションは、オフラインとオンラインの両方で成立します。私たちはトップダウン方式でなく、潜在顧客と同じ目線に立って意思の疎通を図ります。製品ブローシャー、会社案内、フライヤー、記事広告、そしてメディアを横断する総合的キャンペーンまで、マーケティング・コミュニケーションの全チャンネルを活用します。それが貴社のコーポレート・デザインと連動していることは言うまでもありません。結果的に、あなたの企業と製品を、それにふさわしい市場に最適の形でポジショニングすることができるのです。

  • コーナリング・ランプ

    コーナリング・ランプとは車の照明機能の一つで、低速でのカーブ走行時にカーブ先の前方方向を照らし出すものです。これによって走行先に潜む障害物をいち早く認識し、事故を予防することができます。コーナリング・ランプ機能として、フォグランプが使用されることもあります。

  • 順応性コーナリング・ランプ

    カーブ走行時に照明角度をカーブ方向に変更できる機能を備えたヘッドライトのことです。ヘッドライト内蔵の可動性レンズによってこれが可能になります。内蔵センサーがステアリング角度、ヨーレート、走行速度などを計測し、測定値を制御システムに伝達することによって、レンズの最善傾斜値が算出されます。

  • ABS (Antilock Braking System)

    ABSはブレーキ補助システムです。急ブレーキの際や路面が滑りやすい場合に、タイヤがブロック状態になるのを防ぐのが目的です。 タイヤのブロック時にはコーナリングフォースを伝達できなくなるため、ステアリング不能となり、停止距離も長くなります。ABS では電子制御装置が1秒間に数回の間隔で全車輪の回転数を測定するため、ブロック傾向が認識されるとすぐにタイヤのブレーキ圧を低減させます。

  • ダイレクトシフトギアボックス

    ダイレクトシフトギアボックス(DSG) という概念はフォルクスワーゲン社で導入され、デュアルクラッチトランスミッションを意味しています。

  • ダウンサイジング

    ダウンサイジングという言葉は、自動車業界では行程容積を減らすと同時に効率性を高めることを意味し、燃料と排出ガスの低減を目的としています。効率性向上には様々な仕組みがあり、中でもターボチャージャーが最もよく知られています。

  • 横滑り防止プログラム(Electronic Stability Program、ESP)

    ESPは一輪または複数の車輪に制動トルクを起動することにより、車のオーバーステアやアンダーステアを予防するプログラムで、危険な横滑りを最初から抑制するものです。例えばカーブで車の後部が外側にふれる場合、カーブ外側に位置する前輪が減速します。ESP ではエンジン出力を制御して走行速度を落としたり、駆動輪のスピンを防止したりすることもできます。

  • グローバル・ポジショニング・システム

    グローバル・ポジショニング・システム(GPS)とは、現在地を認識確定するためのシステムで、米国が軍事目的で開発したのが始まりでした。GPSは地球軌道の真上を周回する24の人工衛星で構成されています。この人工衛星が発射する無線電波がGPS受信機で受信され、現在地確定に利用されます。10 メートル以内の誤差で位置を確定するためには、最低4つの人工衛星からのデータがGPSナビゲーションシステムに届く必要があります。

  • レンジ・エクステンダー(Range Extender)

    レンジ・エクステンダーは、電気自動車の走行可能距離を延ばすための補足的な装備です。たとえば、必要な時に電動モーターや蓄電池に追加電力を供給する燃焼エンジンなどがこれにあたります。

  • スタート・ストップ・システム

    スタート・ストップ・システム、またはスタート・ストップ・オートマティックと呼ばれるこのシステムは、乗用車の燃料消費を節約するためのシステムです。車が停止している間は、エンジンが自動的にオフ状態になります。スタート・ストップ・システムは、一定の条件下で初めて起動する場合がほとんどです。たとえばエンジンの作動温度、一定の外気温度や十分なバッテリー残量などがこれらの条件です。

  • センサー

    物理的、または化学的特性を計測するための装置です。こうした特性はセンサー内で電気シグナルに変換され、その後データロガー(data logger) などを使って処理されます。

  • デイライト(昼間点灯)

    デイライトとは、ヘッドライトまたはバンパーに装着されたデイタイムライトを点灯するもので、日中まだロービームライトが必要でない場合に使用します。デイライトにはほとんどの場合、省エネ効果に優れ寿命の長いLEDライトが使われます。2011年2月以降、欧州で生産される新車にはデイライト走行が義務付けられました。つまり車の生産過程でデイライトを装備する必要があります。

  • ターボチャージャー

    排気ターボチャージャーは、ダウンサイジングしたエンジンの効率アップに大きく貢献します。排気ガスがシャフトを介して、吸気流路内のコンプレッサーに連結するタービンを回転させます。コンプレッサーによってより多くの酸素が燃焼室に流入するため、燃焼が改善され、エンジン性能が向上します。

コーポレート出版

「ペンは剣よりも強し」 
(エドワード・ブルワー=リットン、英国の小説家)

その言葉通り、コーポレート出版において、ペンは私たちの最強の武器です。少なくともプロジェクトの初期段階にはそう言えます。ペンと紙を前にしたブレーンストーミングから、すべてが始まるからです。こうして最初の編集コンセプトを立ち上げ、顧客の要望に最も沿った出版物の体裁を決定します。

イメージブローシャー、広報誌、社内紙、E-ニュースレター

企業の出版物は社内外に向けて企業イメージを伝達する役割を持ち、非常に重要なコミュニケーションとプレゼンテーションの媒体です。当社の経験豊かな編集者が、確かな専門ノウハウと、内容に最も合致したレイアウトデザインを実現する技能を投入して制作します。

コーポレート出版においても、貴社のご要望とアイデアを常に考慮して対応することは言うまでもありません。私たちは明確なメッセージとこれを体現するデザインで、顧客、従業員、投資家、そして社会で発言力をもつオピニオンリーダーといった各グループに向けて、貴社イメージを継続的にアピールします。